FC2ブログ
長く使いつづけた大切なモノ
皆さんこんにちは。次左衛門 です。

例年 厳しい残暑で体調管理が難しい時期ですが

ここ3日間ほどは雨が降ったおかげで

湿度は高いものの 体力を奪われるほどの陽気でもなく

今のところ自分にとっては 恵みの雨となりそうです。

虹






17~8年大切に使い続けてきたステレオが壊れてしまいました。

しかもそれは 今では手に入らないレザーディスクプレイヤーが組み込まれたもので

新しいものに買い替えるわけにはいかないモノなんです。


自分は 本でも漫画でも映画でも

お気に入りのものは何度も何度も読んだり鑑賞したりするので

映画の場合 ビデオでは劣化が気になっていたので

レーザーディスクに飛びつきました。


買った当時は地方転勤の一人暮らしで

日々の生活に潤いを与えてくれる 力強い味方でした。

晩御飯を作るときにはCDプレイヤーとして...

晩餐には レーザーディスクでお気に入りの映像をながし...

眠りに就くまで 何本でも見まくりました。


出た当初のレーザーディスクは 手動で裏返さないとならず

長編になると2枚組となり side1・side2・side3

(2枚目の裏まであるソフトってあるのかなぁ?自分は持ってない...)

2回も途中でメディアを返したり変えたりしないとならない

今となっては 不便なアイテムと思われるでしょうね...


一見不便そうな そんな儀式でも 当時の自分にとっては必要な”間”で

「このサイドが終わったらトイレにいこ...」とか

「このサイドが終わったら買い物にいこ...」とか

「このサイドが終わったら寝よ...」とか

レコード世代の自分にとって
邪魔な作業と思ったことは一度もありませんでした。


今となってはDVDプレイヤー、ブルーレイディスクプレイヤーと進化し

1枚のディスクに収められている情報量が爆発的に増え

メディアのサイズや画質などが向上しました。(そういえばLDって言語選択が出来なかったな...)

斯くいう自分も お気に入りのコンテンツは ビデオ・レーザーディスク・DVDと所有しており

近々発売になるブルーレイも予約しているほどで

技術の進化には 人並みの尊敬の念を抱いています。


そうはいえ せっかく所有しているソフトが見られなくなるのは とっても寂しい...

他人は「ブルーレイにダビングしておけばイイじゃん」などと簡単に言ってのけますが

モノへの愛着という大切な情緒を無視した そんな発言はナンセンス!



Pioneerの修理を担当されている皆さん

部品を保管する期限がとうに過ぎている事は 重々承知しています。

なんとか もう一度味わい深い画質の映像を鑑賞させて下さい。


次左衛門

スポンサーサイト



次左衛門 | 14:04:35 | Trackback(0) | Comments(0)
PROFILE
    author: 風太郎次左衛門

tovilla

  • 武蔵小山 一番通りでお店を始めました。
    よく「こちらは何屋さん?」って聞かれます。

    服のこととか...
    音楽のこととか...
    散歩で見た風景とか...

    無意識のうちに五体で受け止めた 様々な日常。

    ため込んでおいても
    どうにもならない。

    吐き出してみても
    どうというものでもない。

    そんなこんなを文字として表したら どんなものが現れるか...

    楽しみです。

    日常がつまったお店にも遊びに来てください。
  • RSS
Calender
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
07- « 2011/08 » 09-
Recent Comments
Recent Trackbacks
Search
Search this site.